カテゴリー別アーカイブ: 未分類

不倫の慰謝料について

■慰謝料の相場

パートナーが不倫などの不貞行為をしていた場合、慰謝料という名の賠償金を請求することができます。

その際、まず気になるのが、「いくら貰えるのか」ということです。

しかし、これには明確な基準はありません。

そもそもこの賠償金は、精神的苦痛に対する物であり、法的な権利としても認められてはいますが、金額自体はケースバイケースとなっています。

ですから、夫婦の状況および判例をベースにして算定して行くことになります。

  • 「別居も離婚もせず、夫婦関係を続けて行ける」という場合は、50万円~100万円。
  • 「不貞行為により、別居状態になった」という場合は、100万円~200万円。
  • 「不貞行為により、離婚せざるをえなくなった」という場合は、200万円~300万円。

上記が、一般的な相場とされています。

金額に幅がありますが、不貞行為による損害の程度に応じて、比例しているといえます。

しかし、これはあくまで裁判を起こした場合の金額です。

話し合いなど、裁判以外の方法で解決を図ろうとした場合は、また違った金額になってきます。

とはいえ、話し合いにおいては、早期の解決や精神的苦痛などを勘案して決められることが多いので、離婚にまで至らなくても、離婚した時と同程度の額が提示されることも少なくありません。

■条件別慰謝料の金額について

いずれにせよ、どのくらいの金額になるのかは、いろいろな条件が影響してきます。

主な物は、以下のとおりです。

パートナーと相手の年齢差

年齢差があるほど、金額は増えやすくなります。

不貞行為の主導性などに影響してくるからです。

結婚していた期間

期間が長いほど、金額は増えやすくなります。

離婚した後の生活が安定しにくいなどの理由があるからです。

不貞行為が発覚する前の婚姻生活

婚姻生活が良好であれば、不貞行為によりそれが破綻させられたと考えられるので、責任が重くなりがちです。

被害者側の落ち度

被害者側に何らかの落ち度があった場合、金額は減りやすくなります。

相手がどこまで認識していたか

もし、相手が既婚者だと知りつつ不貞行為に及んでいた場合、悪質だと判断され、金額は増えやすくなります。

不貞行為の期間・内容・頻度

基本的に、1回だけの行為よりも、長期間継続して行われている場合のほうが、金額は増えやすくなります。

不貞行為の主導者はどちらか

もし、パートナーよりも相手のほうが積極的だった場合、相手に請求したほうが金額は増えやすくなります。

不貞行為の慰謝料請求(減額)サポートサイト

中古住宅に関心がある人の役に立つマイランド

中古物件ならマイランド

かつては住宅を手に入れる際には、新築が望ましいと当たり前のように考えられていましたが、近年ではそういった考え方に変化が生じてきており、中古住宅を賢く利用したいと考える人が多くなってきています。

その理由としては、高度経済成長の時代やバブルの時代が終わり、経済的に厳しい状態が長く続く中で堅実な思考を持つ人が多くなっていることや、人件費や材料費など、新築住宅を建てる際のコストが高騰してきていることなどが考えられます。

そういった世の中の流れがある中で、マイランドというサイトは中古住宅に関心がある人たちの役に立つ存在として、多くの利用者を獲得しています。

マイランドには日本全国にある魅力的な中古住宅の物件情報が数多く掲載されており、それらを色々な条件ごとに検索できるようになっているので、自分の求める条件にマッチした物件を探すことができます。

新築住宅よりも中古住宅を選ぶ人が増えている理由としては、何と言っても価格が低いという点が大きいでしょう。

住宅を手に入れる際にはそれ自体の費用だけではなく、その中に入れる家具や家電製品などを購入したり、引越ししたりで色々と出費が重なるものですし、またお子さんができたり、お子さんがある程度成長して来たりといった理由で住宅の購入を考えるようになる人は、それほど大きな金額の貯金を持っていない、ある程度若い世代の人である場合が多いでしょうから、購入金額が安く済むという点は大きなメリットになります。

同じ広さや設備の住宅を手に入れようとすると、新築よりも中古の方がかなり安く済むのです。

不安がある人こそマイランドの利用がおすすめ

しかし、中古であるということは、ある程度の期間誰かが使い続けてきたと言うことなので、その分不安を感じてしまうという人がいるのも仕方のないことだと言えます。

そう言った不安を持っている人にこそ、このマイランドを利用するのがおすすめできます。

中古物件業界では、販売する会社と住宅の所有者の間に仲介業者が入る場合が多く、そうなると物件についてのしっかりと納得が行くように販売会社と相談することが難しいという問題が出てくるものです。

しかし、マイランドでは基本的に仲介業者を頼ることなく自社で責任を持って、不動産の専門家によるしっかりとしたチェックの下で中古住宅を仕入れているので、取り扱っている中古住宅の品質には安心感がありますし、さらに納得いくまで説明を聞き、相談をすることができるという強みがあります。

そういった姿勢により、購入を希望する人の不安を解くことができ、また購入後に予想外のトラブルが生じてもめるといった問題が生じにくいのです。

またいかに品質の良い中古物件であっても、そこで生活して行く中では、設備の破損や水漏れといったトラブルが購入後に生じることは避けられないでしょう。

そういった時にしっかりとしたアフターサポートを受けることが出来るという点も、安心感を持って取引ができる理由となっています。

人気の中古物件

近年中古物件を購入する人が多くなっていることには、リフォームの技術の進歩も大きく関係しています。

元々は古臭くて不便な部分のある住宅を、リフォームによって見た目が良くなり、また快適に暮すことができるようになったことで、新築住宅とそう変わらない魅力を持たせることが可能なのです。

ここで問題となるのは、既にリフォーム済みの住宅を購入するのか、それとも購入してから自分たちでリフォームを業者に依頼するのか、どちらの方が賢い選択なのかという点です。

その問題の答えは何を重視するかによって変わってきますが、中古住宅の大きな魅力が費用の安さだと考えると、リフォームの分のローンを組まずに済むことから負担が小さくなる、リフォーム済みの住宅を購入する方がお得だと考えられます。

そういった需要を受けて、マイランドではリフォーム済みの中古住宅を数多く取り扱っているのですが、そのリフォームに関しても自社で専門の部署を設けるほどのこだわりようで、厳しい管理によって品質の高いリフォームを実行しているという点も、大きな人気を得ている理由です。

そのこだわりによって、まるで新築のようにきれいで利便性の高い中古住宅が数多く生まれており、大勢のお客さんを満足させてきているのです。

このように、このサイトを通して中古物件を購入することには色々と魅力的な部分があるのですが、中古住宅に関心を持っている人たちの中にはまだ購入を決めているわけではなく、いつか購入する場合があるかも知れないから検討している段階だと言う人もいるでしょう。

そういった人たちでも、マイランドのホームページを見ると色々な発見があるので、訪れる価値は十分にあります。

中古物件に関する色々な疑問について詳しく回答しているQ&Aのコーナーや、こういったリフォームを行っているという例をわかりやすく写真付きで紹介しているコーナーなど、色々と勉強になる情報が掲載されているからです。

ドスパラでパソコンを買いました

ドスパラでパソコンを買いました。

今回初めて通販というものを利用したのですが、ここはなかなかいい感じでした。

今回このドスパラを利用した理由は今より専門的に仕えるパソコンを安く購入したかったからです。

→ドスパラの公式サイトはこちら

いろいろなサイトを調べましたが、ドスパラはかなりいい感じでした。

自分はCG制作を仕事にしているのですが、今のパソコンではどうしてもスペックが劣っていて、なかなか仕事がはかどりませんでした。

CG制作ではレンダリングという、とんでもなく時間のかかる作業があり、これがパソコン性能が劣っているととんでもなく長くなるのです。

これをなんとかしようということで、新しく専門のCG用パソコンを購入することにしたわけです。

ドスパラはこうした映像制作専用のコーナーがすでにありましたから、その中からよさそうなもので、予算内に入るものを選びました。

欲を言うときりがないのがこの分野のパソコンです。

ですが、予算というものがあるわけですから、その予算内で最もいいものを買うことにしたわけですが、ここはかなりの安い値段になっているので良かったです。

このパソコンが安い理由の一つは不要なものが入っていないということがあるのでしょう。

これが実はポイントでもありました。

自分はCG制作をしていますから、パソコンのメモリーは極力使わないように、不要な常駐ソフトなどは全て削除しています。

この作業は実はかなり面倒なのです。

何しろ本当に不要かどうかをいちいち調べないといけないわけです。

量販店でパソコンを買わなかった理由の一つがこの不要なものが入りすぎているということでした。

パソコンが何でも出来るということをアピールするため、価格を高くするためにいろいろと不要なものが入っていて、それがメモリーを食っているということがあったのです。

ですから、要らないものは要らないということで、そんなものがないパソコンということで、ドスパラが出てきたというわけです。

ここのは、そういう不要なものは入っていません。

ですから、不要なものを外す手間もかかりません。

そのため、安くもなっているのでしょう。

ここのサイトはちゃんとした目的をもってパソコンを買う人にとってはいいサイトだと感じました。

目的がはっきりとしているので、パソコン選びで迷うことがなかったのです。

実際今のパソコン性能にはかなり満足しています。

レンダリング時間もかなり減りましたし、作業の効率がかなり良くなったと感じています。ドスパラ 評判

実印はフルネーム以外にも苗字や名前だけのものも作成できる

実印を作成する時に、人によっては自分を証明するために使うことを考慮してフルネームのものを作成することがあります。

しかし、自分を証明するためには必ずフルネームの実印を使わなければいけないと決まっているわけではありません。

そのため、住んでいる場所などによって決まりなどには違いがありますが、苗字でもフルネームでもどちらのものを使ってもあまり問題はありません。

しかし、珍しい苗字の方は同じような苗字の方が少ないのであまり心配する必要はありませんが、よくある苗字の方が苗字だけのものを作成してしまうと、同じような実印を持っている方が多くなってしまいます。

そして、家族がそれぞれ同じような実印を持っていると、どれが自分のものなのか分からなくなっていざ必要になった時に間違えて使ってしまう恐れもあります。

そして、実印はフルネームや苗字のほかに名前だけのものも作成することもできます。

特に、女性は結婚や再婚などすることによって苗字が度々変わってしまうことがありますので、女性がまだ結婚していない時にフルネームの実印を作成してしまうと結婚などした時に苗字が変わってしまって今まで使っていたものが使えなくなってしまうことがありますし、結婚などをして苗字が変わったことでまた作り直さなければいけなくなってしまうこともあります。

そのため、まだ結婚していない女性などは将来苗字が変わってしまうことなどを考慮して結婚した後でも同じものを使うことができるように、フルネームではなく名前だけのものを作成するということがあります。

しかし、名前だけの実印を作成することは苗字だけのものと同じように、同じような名前の方などとどうしても似てしまうことがあります。

そして、女性の中でも会社などが経営している方や家族を養っている方などはフルネームの実印が必要になることがありますので、苗字や名前だけではなくフルネームのものを作成することがあります。

実印作成の必要性とは

ビジネスを行うという上において、実印の作成は必要不可欠な作業であります。

実印とは、普通のハンコとは異なり、正式な身分証明が必要な場面において、確実に必要となってしまうものであります。

住民票にも必要であり、結局何をするにしても必要になるのです。

口座などの届出印は、百均で売っているようなハンコでも最悪大丈夫である側面はありますが、届出印とは異なり、より正式なものであるため、他とは全く異なるハンコである必要性があるのです。

多くの人が、成人する時や、大学入学時、就職時などに、オーダーメイドで作るようにしているようですが、実印を持っていなければ、正式な身分証明を行うことができないため、どのタイミングでつくるにせよ、必ずいつかは必要となるものであるため、どこかのタイミングで作る必要があるものです。

その一方で、実印は、正式な身分証明を行うことができるために、とても貴重なものです。

裏を返せば、実印さえあれば、かなりの正式な場面でも身分証明を行うことができるということで、万が一盗まれたりしてしまうと、それだけでかなりの問題が起こりえます。

そのため、多くの人は実印は、銀行の金庫などに預けておくなど、かなり大切に扱っています。

それだけの価値を持つものであるからです。

言い過ぎかもしれませんが、実印さえあれば、どのような場面でも身分を詐称することができてしまうため、本当に、特にビジネスにとっては、致命的な嫌がらせをすることができてしまいます。

作らなければ何にもならないものではありますが、その反面で、作ることによって、ある程度の危険を引き寄せてしまうものでもあるのです。

そのことをきちんと把握して、作成したならば、その後ではかなりの注意をもって保管する必要があるのです。

何をするにしても、特にビジネスを行う上においては必要不可欠である実印ですが、万一にも盗まれてしまうと大問題になることを忘れてはいけません。

実印を作成する際に注意するポイント

実印とは、住所地のある役所や役場で印鑑登録をするための印鑑のことです。

相続や不動産関連の官公庁の諸手続きに使われる書類等の、公的証書や契約書に本人の証明として必要なものとなりますので、家族で使い回しができる三文判や認印はふさわしくありません。

また、市販品で入手しやすい印鑑を実印として登録すると、印鑑の偽造がしやすくなり、不正利用される恐れもあります。

できるだけ、自分だけのオーダーメードの印鑑を作成した方が望ましいでしょう。

実印を作成した後は、悪用されないように手元にしっかりと保管するように気を配りましょう。

自治体ごとに登録できる印鑑が決まっていますので、適合する規格の印鑑を作成する必要があります。

一般的には、氏名もしくは苗字や名前が入っていて、それ以外の文言が入ってないもの、変形や劣化しやすいゴム印は認められないこと、サイズが8mm以上から25mm以下の正方形に収まるサイズであること、印鑑を押した際に不明瞭で判読できないものは認められないとされていることが多いです。

自治体ごとに登録が必要となるため、引っ越しや転勤で転出した場合には、管轄の自治体に再度登録する必要がありますので、忘れないように気をつけてください。

→実印の登録、印鑑証明書の発行

実印を作成するのに、姓や名前だけでも構いません。

ただし、ペンネームや通称は認められませんので、戸籍上の名前で登録するようにしましょう。

女性の場合は、名前だけを入れた実印を作成する方が多く見られます。

これは、女性は結婚などで改姓する機会があり、いちいち作り変えるのが大変ということから、名前だけにとどめている方が多く見られます。

実印を作成するのには、欠けや不明瞭な印鑑は認められないので、できるだけ長持ちする丈夫な素材であることが求められます。

最高級の象牙のような素材だと、規制されていることもあり、市場に出回る数が限られているので、かなり高価になります。

近年では、比較的木材で硬度のある柘植や、チタンなどの丈夫な金属素材が使われることが多くなっています。

浮気調査の信憑性

実際のところ、浮気調査は本当に確実性のあるものなのかどうか疑問に思っている人も多いかもしれません。

依頼しても適当に調査だけされて終わるのではないかといった危惧を抱いている人もいるかもしれません。

ですが近年は浮気調査を行ってくれる探偵業者も増えていますし、何より情報化社会となっているおかげでいい加減な事をしているような業者はすぐに特定され、インターネット上で真実を晒されてしまいます。

いわゆる「口コミ」というものです。

良い業者であれば良い口コミが、悪い業者であれば悪い口コミが広がるものです。

ところでまっとうな業者はどのようにして浮気調査を行うのか。

真剣に調査してくれるであろう事は分かるとしても、では具体的にどのような形で調査してくれるものなのかというと、先に情報化社会とは言いましたが、調査に関してはかなり原始的です。

というのも、調査に関しては基本的には尾行になりますからね。

IT時代に似つかわしくない方法と思うかもしれませんが、これが一番確実です。

怪しいと思われる日時を絞ったり、ランダムで調査するなどして生活習慣を調査しますので、浮気調査で何も出てこなければ何もないとほぼ断定しても良い場合もあります。

何か変なことをしているのであれば、その事実をつかむ事ができるでしょうから、浮気調査の確実性は高いです。

と言ってもさすがに部屋の中にまで入る事は出来ませんので、ホテルに二人きりで入ったりですとか、部屋の中に二人きりでいたという段階までの調査ではありますが、浮気しているのではないかと怪しんでいる男女が部屋の中で二人きりになるという事は、何が行われているのかくらいは想像に難くないはずです。

むしろ部屋に二人きりというシチュエーションまで調べてくれるのは浮気調査くらいしかありません。

ですので、自分のパートナーが浮気しているのではないかと感じているのであれば、そして真実を知りたいのであれば依頼すべきです。

⇒浮気調査を自分でやる方法

法律は最強の武器

自力で債権回収を行うのは簡単ではありません。

まず、自力でとなると相手が真剣になりません。

本来は債権を返済する義務があるのですが、口頭で「契約を結んだ」「約束を守れ」と告げたところで、「無い物はない」「だったら警察でも呼んで来い」と、相手を馬鹿にしたような態度を取るケースもあります。

払わなければどうにかなると考えているのです。

実際、払ってくれない場合でも、自力で出来るのは催促するのみです。

口頭で告げられても「はい、分かりました」とだけ告げて何もしない人もいます。

真に受けていない人や、「別に払わなくても何も出来ない」と高を括っているのです。

このような相手の場合、どれだけ催促した所で無視されるのがオチです。

(参考):
どの法的手段を選ぶか 〜支払督促・少額訴訟・通常訴訟の違い。裁判所の管轄の比較〜

そこで暴力にでも訴えようものなら、今度は自分が相手から訴えられる側になってしまいます。

相手が約束を守ってくれないと、自力では八方塞がりになってしまいます。

そこで弁護士の登場です。

相手は約束を破っている自覚があります。

弁護士が出てきたとなると、自分が不利だと察知します。

弁護士の場合、法律を駆使する事も可能です。

法律の専門家である以上、延滞を続けていると、普通の人ではなかなか出来ない「次の一手」を考えてくれます。

法律の専門家と法律の勝負をして勝てる人はいません。

弁護士が出てきた。その事実だけで観念し、支払ってくれる人もいます。

弁護士というネームバリューは、悪い事をしている人間には絶大な効果があります。

もちろんネームバリューだけではありません。

法知識にも長けていますので、支払いに応じなければ応じない程、自分の首を絞めていく事になります。

トラブルになる事もありませんので、債権回収は初めから弁護士に依頼した方が無難です。

当事者同士で話し合った場合、感情がもつれ、暴行など他のトラブルになる可能性もあります。

ですが弁護士相手にはそのような事もなく、法律に則った上で何をすべきなのかを冷静に言い渡されるだけです。

債権回収を依頼する弁護士の決め方

債権回収を弁護士に依頼する場合、債権回収が得意な弁護士に依頼すべきです。

「弁護士」と言っても人それぞれで、それまで担当してきた案件によって得意分野が異なります。

弁護士は弁護士になった時点で高度な法知識を持っていますが、弁護士になってから得る知識の方が大切です。

担当した案件次第で、弁護士として進むべき道も変わってきます。

案件を担当すればするほど、高名になり、「○○(案件)ならあの弁護士が良い」となっていくのです。

債権回収に強い弁護士は、債権回収関連の知識に優れているだけではなく、これまでに何度も債権回収を行ってきています。

手続きだけではなく、心情面も考慮し、どのような手順で進めるのが良いのか。

相手にかける言葉は何が良いのか。

これらを熟知しています。

(参考):
各種売掛金などの債権回収の方法、内容証明郵便など、債権回収の法律事務所への代行について

債権回収がデリケートな問題なのは、貸している相手に言うだけではなく、言ってお金を返済してもらわなければならない点です。

高圧的に理論でねじ伏せるだけではなく、相手にお金を支払ってもらわなければなりません。

圧倒的な法知識によって相手を追い詰めるのも悪い事ではありません。

ですが、追い詰めるだけでは意味がありません。

債権回収に精通している弁護士であれば、その点をよく理解していますので、波風立たせず、問題を解決出来ます。

ですが、債権回収に関して、法律上だけの理解しかない弁護士の場合、交渉で相手を不愉快な気持ちにさせてしまう可能性もあります。

法律に準拠しているとはいえ、支払うのは相手です。

弁護士としての腕の見せ所ですが、債権回収に慣れている弁護士は法知識を発揮するだけではなく、相手の心情まで考えた交渉を行ってくれます。

結果、債権回収出来る可能性が高まります。

弁護士は法律のスペシャリストですが、担当案件によって得手不得手があるのも事実です。

一般的に、弁護士と言えば法律の事をなんでも知っている存在と思われがちですが、彼らもまた、得意分野があるので、依頼するなら債権回収が得意な弁護士を見つけましょう。

最終更新日:2017年3月2日

過払いと金利の関係

過払い金で悩んでいる人は決して少なくありません。
全国に数百万人とも言われていますから、実際には身近な人が過払いになっているおそれもあります。
こうした過払いは今でこそ規制されてほぼ無くなりました。
ですが、過去にお金を借りていた人たちに関しては今でも過払いになっているのです。
大きな社会問題になった以上、全面解消することはほぼ不可能かもしれません。

では、何故過払いが起きてしまったのでしょうか?
その大きな原因にもなったのが、いわゆる金利の存在です。
金利によって過払いへと陥ってしまい、複数の金融業者からお金を借りる多重債務になる人も続出しました。
金融業者が儲かり、個人が苦しむ負のスパイラルになってしまったのです。

私たちが金融業者からお金を借りる場合、毎月少しずつ返済していくことになります。
この返済額には所定の手数料が上乗せされていますが、これが金利の正体です。
実際の返済額は、毎月支払った額から金利が差し引かれた額になります。
例えば10万円借りて毎月1万円返済するとして、金利が月千円だったとします。
この場合、1万円から千円が差し引かれ、実際に返済している額は9千円となります。
残りが10万円から9千円を差し引き、残りは9万1千円です。

このような金利は法律で上限が定められています。
つまり、それ以上の金利を設定すると違法になるのです。
しかし過去には違法にならないグレーゾーン金利というものが存在しました。
グレーゾーン金利は金融業者の多くが採用していたほどです。

ほとんどの場合、このグレーゾーン金利が過払いの原因となっています。
大問題になって規制されましたが、規制前にお金を借りていた人たちはグレーゾーン金利の餌食になっていた可能性があります。
そのため、過払いの人たちが数百万人とも言われているのです。
金融業者にお金を借りていたなら、お金を払いすぎていたのかもしれません。
過払い請求で返してもらうことも検討してみましょう。

支払いはどうなる‐一括か後払いか?

弁護士費用には大きく分けると9種類あります。
弁護士もボランティアではありませんので、仕事として依頼を受ける以上、仕事に応じた報酬が必要になります。
では、こうした費用はいつ支払う必要があるのでしょうか?

多くの人は、弁護士費用は非常に高いというイメージを持っていると思います。
その費用を考えすぎるために、弁護士に相談することもできずに一人で悩んでいる人もいるようです。
たしかに、弁護士のする仕事は法律の専門的な分野の知識が必要になるゆえに、弁護士に依頼する仕事の報酬は決して安くはありません。
しかし、全ての弁護士費用を最初に支払わなければいけないというわけではないので、費用を心配して弁護士に依頼するのを控える必要はありません。

最初に支払うべき費用と、後でつまり結果が出てから支払う費用の2種類があります。
弁護士に対して最初に支払う費用としては、「法律相談料」というものがあります。
こちらの費用は、弁護士事務所を訪問して相談をしたり、電話での相談の時に生じる費用ですが、基本的に相談前に支払う必要があります。
加えて「着手金」「手数料」といった費用に関しても、その場での支払いになります。
この3種類の費用は、すべてそれほど高いものではありませんので、最初に支払う費用はそれほど多くはないということです。

その他の「報酬金」「接見費用」「出張費用」「出廷費用」などは仕事が終ったあとの支払いになります。
支払い方法は、現金での一括支払いが多いようですが報酬金などは額が大きくなるために、分割での支払いにも応じてくれる事務所もあります。
こうした支払い方法や支払うべき費用に関しては、各法律事務所によって異なっていますので確認が必要です。

このように額の大きな額については後払いになりますが、それでも支払いが難しく、とりあえず相談や弁護士に頼りたいという場合には「日本司法支援センター」を利用することができます。
こちらの支援センターでは、一定の条件に適っている場合に、弁護士と依頼者と日本司法支援センター法テラスで契約を交わし、着手金や報酬金を一時的に立て替えてくれます。

条件としては、まず「収入要件」があり、手取り収入の金額が基準となっている金額を下回っている必要があります。
例えば、1人であるなら手取り収入は18万2000円以下となっています。
その他にも「資産要件」というものがあり、1人の場合には資産合計の基準値は180万円以下となっています。
その他にも収入を証明するような、確定申告の写し、給与明細、生活保護受給証明書などの提出も求められます。
立て替えてもらった金額は月払いで返済していく必要はありますが、資力の限られている人にとってはとても心強い制度になります。
まずは、相談してみましょう。

司法試験の難易度とは?

弁護士になるためには、司法試験に合格することが必要なことは常識でしょう。
そして、この司法試験がかなりの難関だということもご存じだと思います。
では、司法試験の合格率はどれくらいになっているでしょうか?

国家資格は日本には1000以上あるとされています。
この国家試験の合格を難しい順に並べると、司法試験はそのトップクラスになっています。
例えば、だれもが持っている運転免許の学科試験の合格率は70%くらいとされていますので、100名が受験すれば30名が落ちるということです。
この運転免許と同じ位の合格率の資格としては、栄養士、司書などの国家資格になります。

次に難しい国家資格としては、危険物乙種、調理師、衛生管理者といった資格で合格率は30%くらいにまで落ちてきます。
100名が受ければ70名が落ちるということなので、この段階でも十分難しい試験と言えます。
これらの資格に比べてさらに合格率が低い資格には、どのようなものがあるのでしょうか?
例えば通関士の資格は、合格率が10%ほどとされていますので、受験した人の多くは不合格になっています。
意外に感じるかもしれませんが、保育士の資格は合格率が25%ほどなので、難関ともいえるかもしれません。
これらのクラスを難易度Bランクとするなら、Aランクの資格には、一級建築士、医師、気象予報士、測量士、国家公務員といった試験があります。

各資格によって合格率は異なってきますが、一級建築士は18%くらいの合格率、医師国家試験の合格率は90%ほどです。
医師の試験は難しいものの、試験を受けられる段階になっている人であれば、多くの人が合格するという形式になっているものです。
このように難易度が高いものの、合格率が意外と高いという国家資格もあるようです。

では、肝心の司法試験合格率はどうでしょうか?
この資格は難易度から判断すると、先ほどのAランクの国家資格よりもさらに上のSランクと考えることができます。
司法試験の合格率は2015年23%になっています。
この司法試験は5年に3回しか受けられないという制限がありますので、受かる自信のある人が多く受験をするという特別なものです。
実際、ある年では受験の願書を提出したものの、当日試験を受けることをキャンセルした人は3000人もいたとされています。
つまり、自信のある人が受験をしても23%程度の合格率しかないということです。
この司法試験の合格率は、裁判所事務官や公認会計士などと同じレベルの難しさと考えられるでしょう。
弁護士はとても大事な仕事です。

弁護士の仕事に向いている人、適性と魅力とは?

弁護士は安定した職業であり、多くの人々を助ける仕事であり、人の役に立つ仕事です。
将来はぜひこの仕事がしたいと思っていても国家資格ですから、誰もが弁護士になれるわけではありません。

弁護士を目指すには、国家試験を受験する前に法律学部のある大学や法科のある大学院で学び、その課程を修了していることが前提となります。
国家試験には受験資格の要件が定められているので、この要件を満たしている人(他の方法もあります)が受験して、合格水準に達していなければなりません。

法律学部のある大学や大学院に進学しても、単位がとれなければその課程を修了することができません。
国家試験は極めて難易度が高く、合格率が低いので多くの受験者が1発で合格することはなく、2度も3度もチャレンジしています。

晴れて合格したからといって、合格したすべての人が弁護士に向いているとは言えません。
それでは、どのような人が向いているのでしょうか。
将来は弁護士として活躍したいと思い、この仕事を本職にして人の役に立ちたいと思っている人、根気強くてまじめ、誠実な人に向いています。

ドラマやバラエティ番組などで弁護士が登場するシーンを見ていると、話が上手で説得力があり、口が立つ人というイメージがあります。
口が立つとは、言い換えると弁が立つとも言い、話し方が上手で雄弁であり、優秀な弁護士がその後は選挙に立候補して、政治家として活躍する人もいます。

単に弁が立つだけではなく、もともとは法律のプロフェッショナルですから、日本国内のありとあらゆる分野の法律の知識に長けていなければなりません。
あまりにも法律の分野や種類が多いので、すべての分野に精通している人は少なく、ある特定の分野に強い弁護士が多いようです。

たとえば、借金整理の分野においてはこれまでの類似相談・依頼・解決の事例が豊富な人を選ぶと良いでしょう
弁護士によってそれぞれ強みをもっており、相続や離婚などおもに民事関係に強い弁護士や犯罪など、刑事事件に強い弁護士もいます。

弁護士の仕事の魅力は、どのようなところにあるのでしょうか。
法律事務所に勤務する人もいれば、企業内で弁護士として活躍する人、法律のプロフェッショナルとしての知識を活かして、大学で教授や講師として活躍する人、独立・開業して事務所を開く人もいますが、自分の適性やライフスタイルに合わせた働き方ができるのが、最大の魅力だと思います。
問題を早期に解決できるように、法律の知識を活かして相談者へのサポートを行い、公正な社会を実現するように貢献できるのも弁護士ならではの魅力ですね。